コンテンツにスキップする

欧州社債投資のリターン、1-6月は過去最高-国債や株上回る

2009年1-6月(上期)の欧州 社債投資のリターンは過去最高となり、域内の国債や株式投資のリター ンを上回った。相対的に高利回りの資産への需要回復を背景に発行高も過 去最高となった。

メリルリンチの指数によると、投資適格級社債の上期リターンは 金利再投資を含め平均でプラス6.5%と08年のマイナス3.3%から改 善した。不動産会社の社債は平均16%のリターンを上げた。

ブルームバーグのデータによれば、今年の発行額は6990億ユーロ (約94兆8000億円)に達し、前年同期を55%上回った。国債利回り や株式配当、短期金利が低下するなかで社債需要が高まった。

バークレイズ・グローバルのファンドマネジャー、ピーター・デ ー氏は「久しぶりに社債に投資妙味が出てきた」と話した。

上期の社債リターンは1996年にメリルが集計を開始して以来で 最高だった。ダウ欧州600指数のリターンはプラス4.9%。欧州債は 同0.9%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE