コンテンツにスキップする

1-3月の英GDP確定値:2.4%減に修正、58年以来で最悪

英政府統計局(ONS)が30日発 表した2009年1-3月(第1四半期)の国内総生産(GDP)確定値 (季節調整済み)は前期比2.4%減と、先月22日公表の改定値(1.9% 減)から下方修正された。建設業からサービス業に至る広範な産業がリ セッション(景気後退)の打撃を受け、1958年以来で最悪のマイナス成 長となった。

ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト28人の予想中央 値では、2.1%減と見込まれていた。

イングランド銀行(英中央銀行)のキング総裁は先週、リセッショ ンからの回復の「道は長く、足取りは重くなる」可能性があると示唆し ていた。

ONSによれば、建設業は前期比6.9%減と、改定値の2.4%減から 下方修正されたほか、サービス業も1.6%減と、同1.2%減から引き下げ られた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE