コンテンツにスキップする

香港当局と米ディズニー、テーマパーク拡張計画で合意

香港の曽蔭権(ドナルド・ツァン) 行政長官は30日、香港当局と米メディア・娯楽大手ウォルト・ディ ズニーが「香港ディズニーランド」の拡張計画で合意に達したと発表 した。コストは約36億3000万香港ドル(約449億円)が見込まれ ている。

同長官が記者説明会で明らかにしたところでは、アトラクション 3つが増設され、完成には5年かかる見通し。拡張で、3000人の雇 用が創出され、600人の長期雇用も生まれるという。

ディズニーと香港当局は、2005年9月にオープンした香港ディ ズニーランドの拡張計画をめぐり、この2年間交渉を続けていた。

香港当局は4億1800万米ドル(約400億円)を投じて同テーマ パークの権益57%を取得。これに加え、埋め立て工事や道路、下水、 鉄道の整備に18億米ドルを費やしていた。ディズニーは3億2000 万米ドルで残りの権益を取得した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE