コンテンツにスキップする

カナダ・ドル:対米ドルで下落、経済指標の発表控え-国債利回り低下

29日の外国為替市場で、カナ ダ・ドルは米ドルに対して値下がりし、月間ベースでも下落となる見 通しだ。今週発表の経済指標でカナダ経済のマイナス成長や、米失業 率の上昇が見込まれるなか、投資家は商品相場上昇を見込む取引を縮 小している。

スコティア・キャピタルの通貨ストラテジスト、サチャ・ティハ ニ氏は「上昇余地が多く残っているかどうか疑問視されている」と述 べた上で、「ヘッジファンドは商品相場の上昇を見込んだ投資を削っ ており、それがカナダ・ドルの対米ドル相場に反映されている」との 見方を示した。

カナダ・ドルはトロント時間午後4時49分(日本時間30日午前 5時49分)現在、前週末比0.3%安の1米ドル=1.1562カナダ・ド ル(1カナダ・ドル=0.8649米ドル)。5月29日の終値1.0915カ ナダ・ドルからは5.6%値下がりしている。

カナダ国債市場では、10年物国債(表面利率3.75%、2019年6 月償還)の利回りが1ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低 下し、3.39%だった。価格は10セント上げて102.99カナダ・ドル。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE