コンテンツにスキップする

米損保会社、1-3月期は業界全体で過去最大の赤字-ISO

アメリカン・インターナショナ ル・グループ(AIG)やオールステートなど、米損害保険会社の 今年1-3月期の業績は過去最大の赤字だった。業界団体が29日 発表した文書で明らかになった。投資が落ち込む一方で、毎月の保 険料を上回る請求があったのが背景だ。

米保険サービシズ・オフィス(ISO、米ニュージャージー 州)のアシスタント・バイスプレジデントのマイケル・マリー氏は、 「損保会社は1-3月期に大打撃を受けた」と述べた。ISOによ ると、損保業界は今年1-3月期に計13億ドルの純損失を計上し た。前年同期は85億ドルの純利益だった。

リセッション(景気後退)の影響で保険証書を裏付ける債券価 値が下落したほか、資金繰りの厳しい顧客に対して保険料を引き下 げたのが業績を圧迫した。

保険売り上げは1-3月期に過去最大の落ち込みとなる3.6%減 の1064億ドルだった。また投資の含み損は164億ドル拡大した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE