コンテンツにスキップする

韓国KBFG:株主割当でゴールドマン起用-BOAなどと契約解消

韓国最大の銀行、国民銀行の持ち 株会社KBファイナンシャル・グループ(KBFG)は、20億ドル(約 1900億円)規模の株主割当増資の引受会社として契約していた米J Pモルガン・チェースを含む銀行団と手数料をめぐって対立した結果、 契約を解消し、代わりにゴールドマン・サックス・グループとモルガ ン・スタンレーを選定した。事情に詳しい関係者5人が明らかにした。

協議が非公開だとして匿名を条件に語った同関係者らによると、 KBファイナンシャルはバンク・オブ・アメリカ(BOA)とシティ グループ、クレディ・スイス・グループ、JPモルガンの4社と以前 交わした合意を取り消した。引受会社の変更については、聨合インフ ォマックスが同日報じた。

関係者らのうちの3人によれば、BOAなどが手数料の再交渉を 目指したのを受け、KBファイナンシャルはアドバイザーを変更した。 以前は、KBファイナンシャルが調達資金の0.6%に相当する手数料 を支払うことで合意していた。これは株主割当増資の平均的な引き受 け手数料の4分の1の水準だという。

KBファイナンシャルの広報担当者、チェ・インソク氏はコメン トを控えた。JPモルガンやゴールドマン、BOA、クレディ・スイ ス、モルガン・スタンレーの広報担当者らはコメントを避けたか、連 絡が取れない状況だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE