コンテンツにスキップする

Bカメラ株が反落、監視委が課徴金納付命令勧告-虚偽記載で

家電量販店のビックカメラ株が一 時、前週末比3.2%安の3万8000円と反落。有価証券報告書の虚偽記載 などで、証券取引等監視委員会が、同社と元会長に対して課徴金納付命 令を出すよう金融庁に勧告したのを受け、売りが先行している。課徴金 額は同社が2億5353万円、元会長は1億2073万円。同社は「正式な通知 を受領後、対応について検討する」としている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE