コンテンツにスキップする

米国債市場は最悪期を乗り越えた公算-外国勢など強い購入意欲

債券取引を手掛けるウォール街 の大手金融機関は、2009年1-6月(上期)に少なくとも30年で最 大の損失を計上した米国債市場が最悪期を乗り越えた可能性があると みている。

ブルームバーグ・ニュースの調査によると、プライマリーディー ラー(米政府証券公認ディーラー)16社は、指標となる10年物米国 債利回りが2008年末の2.21%から上昇した後、結局、先週とほぼ変 わらずの3.58%で今年を終えると見込んでいる。

JPモルガン・チェースやゴールドマン・サックス・グループを 含むプライマリーディーラーは、オバマ政権が発行している過去最大 規模の米国債を外国勢が買い上げている様子が今月示唆されたことを 受け、米国債の売りが鈍化するとみている。さらに、昨年11月以来 の高水準にある利回りが、鈍い景気回復を予測する投資家を引き付け ている。

プライマリーディーラーであるRBSセキュリティーズの債券販 売責任者リチャード・タン氏は「とてつもない需要がある」とした上 で、「その多くがリスク資産や商品からの資産再配分だ」と指摘した。

今年に関するプライマリーディーラーの予想は今のところ正確だ。 1月の調査では、景気対策が進み、「質への逃避」が後退するなかで 米国債相場は下落すると予想されていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE