コンテンツにスキップする

エルピーダの官民金融支援、3年間で出融資2000億円規模に-日経

27日付の日本経済新聞朝刊は、経 営再建中のDRAM専業メーカー、エルピーダメモリの官民金融支援 が、3年間で2000億円規模に達する見込みだと報じた。業績が悪化す れば額がさらに膨らむ可能性もあるという。取材源は明示していない。

報道によると、支援は出資と融資の2本柱。政府が来週中にも改 正産業活力再生法(産業再生法)に基づく公的資金注入の第1号とし て300億円程度の出資を正式に認可し、日本政策投資銀行がエルピー ダの優先株を取得。これとは別に官民ファンド「産業革新機構」も数 百億円の出資を検討する、としている。

日経は融資に関しては、3メガバンクなど取引銀行団による1000 億円規模の協調融資と、国際協力銀行による200億-300億円程度の 緊急融資が実施される方向と報じている。

エルピーダは報道を受け「当社から発表したものではない」との コメントを出した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE