コンテンツにスキップする

英金融株空売り規制を延長、ヘッジファンドなどに報告義務-FSA

英金融サービス機構(FSA)は 26日、英金融機関30社の株式を対象に、ヘッジファンドその他の投資 会社に対して空売りに関して報告を義務付ける規制を延長した。期限 は現時点では設定されていない。

FSAは声明で、「規制の適用期限を延長することで、空売りの 乱用を防ぎ、市場の秩序が乱れないよう引き続き監視する」とし、 「FSAは延長後の期限は設定していないが、この規制を永久に維持 するつもりはない」と述べた。

同報告義務はすべての英国株の空売りに適用される新規制が確立 するまで維持するという。現行の開示規則は当初、今月30日が期限と なっていたが、1日に延長が提案された。

FSAによると、現行規則では買い持ちポジションから売り持ち ポジションを差し引いたネットショートの額が当該企業の株式資本の

0.25%を超えた場合、あるいはその水準から0.1%増えた場合に報告を 義務付けている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE