コンテンツにスキップする

人民元、準備通貨になるには長期間かかる-世銀チーフエコノミスト

世界銀行は25日、中国の人民元が 世界的な準備通貨になり得るには長期間かかるとの見通しを示した。 準備通貨として検討されるためには、中国政府はいくつかの前提条件 を満たす必要があると説明している。

世界銀行のチーフエコノミスト、林毅夫(ジャスティン・リン) 氏は25日、シンガポールでのセミナーで、人民元は準備通貨となり得 る前に、完全に交換可能で、いかなる介入も受けない相場変動が容認 されなければならないと指摘。また、中国の資本市場が投資を吸収す るために「十分な規模と厚み」を持つ必要があると述べた。

林氏は「準備通貨になるためには、中国は通貨が流通するように 一定比率の経常赤字の維持に前向きになることも必要だ」と語った上 で、「現段階で中国はなお途上国であり、経常黒字を維持する可能性が 極めて高い」と分析した。

米国の財政赤字拡大を背景に、ブラジル、ロシア、インド、中国 (BRICs)首脳がドル保有を他の通貨に置き換えることを協議す るなかで、世界で唯一の準備通貨としてのドルの地位が揺らいでいる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE