コンテンツにスキップする

米国株:大幅高、FRB議長の続投観測で-ダウ172ドル高

米株式相場は3週ぶりの大幅高。 バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長は議会で、昨年のバ ンク・オブ・アメリカ(BOA)によるメリルリンチ緊急買収の際に FRBの行動に問題はなかったと証言。これを受けて同議長続投の観 測が強まった。商品市場では原油が1バレル当たり70ドル台に乗せ、 エネルギー株の買いにつながった。

また家庭用品小売りのベッド・バス・アンド・ビヨンドの決算が 市場予想を上回ったことから、小売株が買われた。住宅建設のレナー の決算も売上高が予想を上回り、同業銘柄に買いが入った。石油のエ クソンモービルも上昇した。

S&P500種株価指数は前日比2.1%高の920.26。6月1日以来 で最大の上げ幅となった。ダウ工業株30種平均は172.54ドル(2.1%) 高の8472.40ドルで終えた。米財務省が実施した7年債(発行額270 億ドル)の入札で、最高落札利回りが予想を下回ったほか、FRBが 緊急貸出制度の規模削減を発表したことを受け、株価は上値を伸ばし た。

ホランド(ニューヨーク)で40億ドル以上の資産運用を監督する マイケル・ホランド氏は、「今の危機において真のヒーローと呼べる 人物は少ないが、バーナンキ議長はその貴重な一人だ」と賞賛。「再 任されないとすれば、大きなマイナスだ」と付け加えた。

バーナンキ議長は下院監視・政府改革委員会で証言し、メリルリ ンチ買収に関するBOAとの協議について、FRBは「最大限の高潔 さ」を持って対処したと発言。FRBの行動が不適切だったとの一部 議員からの批判に反論した。同議長の任期は来年1月に満了する。

経済指標で売り先行

朝方の株式相場は、失業保険申請統計の発表を受けて売りが先行 した。米労働省が25日発表した20日に終わった1週間の新規失業保 険申請件数(季節調整済み)は62万7000件と、前週の61万2000件 (速報値60万8000件)から1万5000件増加した。ブルームバーグ・ ニュースが集計したエコノミスト予想の中央値は60万件だった。

同時に米商務省が25日発表した第1四半期(1-3月)の実質国 内総生産(GDP、季節調整済み、年率)確定値は前期比年率5.5% 減少。改定値の5.7%減から0.2ポイント上方修正された。

フェデレーテッド・インベスターズ(ニューヨーク)の主任株式 市場ストラテジスト、フィリップ・オーランド氏は、「リセッション (景気後退)がちょうど第2四半期末で終了し、今年下期はプラス成 長を再開するという軌道はまだ外れていない」と述べた。

ベッド・バス・アンド・ビヨンドは9.5%上昇。四半期純利益は 1株当たり34セントと、前年同期の30セントから増加した。ブルー ムバーグがまとめたアナリストの予想平均は1株当たり利益25セン トだった。

INGグループのファンドマネジャー、ウリ・ランデスマン氏は、 「個人消費に改善の兆しが感じられる」と述べつつ、「回復のペースや 傾き具合は依然として不透明だ。消費者の心は毎日変わる」と付け加 えた。

住宅建設株

レナーは18%急伸。S&P500種採用銘柄で値上がり率トップと なった。同社は4-6月期の住宅引渡し件数が47%、受注が67%増加 したと発表。売上高はアナリスト予想を上回った。

エクソンは2.15上昇。ニューヨーク商業取引所(NYMEX) の原油先物8月限は前日比1.56ドル(2.27%)高の1バレル=70.23 ドルで終えた。ナイジェリアの武装勢力が積み出しターミナルにつな がるロイヤル・ダッチ・シェルのパイプラインを攻撃したことが手掛 かり。

給与支払事務代行と人材管理サービスを行うペイチェックスは

6.2%下落。S&P500種採用銘柄で値下がりトップ。同社は3-5月 (第4四半期)の利益がアナリスト予想を下回ったと発表、2010年度 は少なくとも10%の減収になるとの見通しを示した。

シカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指数 (VIX)は9.3%下げて26.36。リーマン・ブラザーズ・ホールディ ングス破たん前最後の取引日だった昨年9月12日以来の低水準だっ た。VIXはS&P500種株価指数の下落に備えた保険として使われ るオプションの費用に連動する。これまでの最高は昨年11月の80.86. 過去19年の平均は20。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE