コンテンツにスキップする

FRB:緊急貸出制度の規模削減へ、金融市場回復を反映

米連邦準備制度理事会(FRB) は25日、緊急貸出制度の1つの期限通りの終了と他の2つの制度の規 模を削減すると発表した。金融市場回復への兆候が表れてきたことが 背景。

これら3つの緊急貸出制度は連邦準備法の非常時対策項目にのっ とり証券会社やマネー・マーケット・ファンド(MMF)に対し資金 や米国債を供給する。

他の4つの緊急貸出制度と13カ国中銀とのスワップ取り決めは3 カ月延長され2010年2月まで実施される。FRBは前日開いた連邦公 開市場委員会(FOMC)でこれらの措置の延長を決定したが、関係 国との協調を保つため、発表を1日遅らせた。

FRBはこの日発表した声明で、「金融市場の状況は過去数カ月 間で改善されてきたが、なお多くの機能が損なわれており、しばらく 緊迫した状況が続く可能性が高い」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE