コンテンツにスキップする

IMF筆頭副専務理事:世界的な景気後退、和らぎつつある兆候

国際通貨基金(IMF)のリプス キー筆頭副専務理事は25日、最近の統計には第2次大戦後で最悪の世 界的リセッション(景気後退)の深刻さが和らぎつつある兆候が見ら れると述べた。

同筆頭副専務理事はパリでの会合で、データは「世界的な景気下 降の緩和を意味する幾つかの兆候」を示していると指摘。一方で、回 復の時期やペースについての「不確実さ」はまだあると語った。回復 は鈍いものになるという。

リプスキー筆頭副専務理事はまた、IMFは2010年の成長見通し を若干上方修正する可能性があると述べた。

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 松井 玲 Akira Matsui +81-3-3201-7540 Akmatsui@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Simon Kennedy at +33-1-5530-6290 or skennedy4@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE