コンテンツにスキップする

米金融システムは改善へ、信用リスク緩和で-アリソン財務次官補

米金融安定化法に基づく7000億 ドル規模の公的資金を監督するアリソン米財務次官補は24日、国内 経済と金融システムは、信用市場のリスクが緩和されるなかで改善に 向かっているとの見解を示した。

アリソン次官補は、金融安定化法で認められた公的資金枠の使用 を監視するために議会が設置した委員会で証言し、「金融システムが安 定化し始めている暫定的な兆候が幾つかある」と指摘。「信用市場のリ スクを測る複数の重要指標は依然として高い数値となっているが、か なり低下してきた」と語った。

アリソン次官補は、米経済が「回復し始めた」兆候として、5月 の消費者信頼感指数の上昇や住宅着工件数の増加を挙げた。

同次官補は、議員らの質問に対し、金融システムの安定を確保す るために、財務省は国内大手銀行に対する「定期的」なストレステス ト(健全性審査)の実施を支持すると述べた。同次官補はまた、銀行 のバランスシートから不良資産を取り除く官民投資プログラム(PP IP)の第一段階が近く公表される見込みだと明らかにした。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE