コンテンツにスキップする

インドのサティヤム:今後6カ月で従業員8500人を解雇の可能性

インドのコンピューターサービス 会社、サティヤムコンピュータサービシズは、業績が上向かなければ 従業員8500人を6カ月以内に解雇する可能性がある。同社は今年1月、 10億ドルの粉飾決算が明らかとなり、経営の立て直しを進めている。

同社のビニート・ナヤル執行副会長は24日の電話インタビューで、 業務減少のため一時解雇した従業員を整理する「可能性はある」と述 べた。同社が4月に発表した従業員数に基づけば、8500人は全体の18% に相当する。

サティヤムは25日、経費削減と顧客のつなぎ留めを目指して、再 建策を発表する。同社の株価は、1月7日に創業者のラマリンガ・ラ ジュ氏が粉飾決算を認めた後、大幅に下落。インド最大の不正会計事 件となり、同社は顧客の流出を防ぐため、4月に同業テック・マヒン ドラに身売りした。

スパーク・キャピタル・アドバイザーズのアナリスト、スリバス サン・ラマチャンドラン氏(チェンナイ在勤)は電話で、向こう6カ 月で、仕事のない従業員が職場に配置されるまでにサティヤムの業績 が改善する可能性は「ごくわずか」だと語った。

23日にサティヤムの新しい最高経営責任者(CEO)に指名され たチャンデル・プラカシュ・グルナニ氏によれば、同社が4月にテッ ク・マヒンドラに身売りした時点での従業員数は約4万8000人で、現 在は受注の落ち込みを理由に8500人が「一時解雇」の状況にある。

一時はインド4位のソフトウエアサービス会社だったサティヤム の株価は、ムンバイ証券取引所で2.9%高の75.3ルピーで取引を終了 した。同社の株価は、1月に不正会計が明らかになって以降、58%下 げている。指標のセンセックス30種株価指数はこの間に40%上昇した。

-- Editors: Suresh Seshadri, Young-Sam Cho, Robert Valpuesta

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Harichandan Arakali in Bangalore at +91-80-3057-0936 or harakali@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Young-Sam Cho at +82-2-3702-1639 or ycho2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE