コンテンツにスキップする

NY銅先物:続伸、景気への楽観的な見方で-需要増大観測

24日のニューヨーク銅先物相場 は続伸した。経済協力開発機構(OECD)が加盟30カ国の経済見通 しを上方修正したほか、5月の米耐久財受注が予想外に増加し、銅需 要が高まるとの観測が広がった。

OECDは同日、加盟30カ国の2010年の成長率予想を2年ぶり に引き上げ、0.7%のプラスになるとの見通しを示した。5月の米製造 業耐久財受注額は前月比1.8%増加した。景気回復に伴う需要増大観 測から、銅相場は年初来で62%値上がりしている。

T&Kフューチャーズ・アンド・オプションズ(フロリダ州)の マイケル・スミス社長は「世界経済は回復に向け良好だ」と指摘した 上で、「全体像は銅にとって良さそうだ」との見方を示した。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先 物相場9月限終値は前日比6.9セント(3.1%)高の1ポンド=2.281 ドル。前日は3.2%上昇した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE