コンテンツにスキップする

NY原油(24日):下落、燃料在庫の増加を嫌気-ガソリンも安い

ニューヨーク原油先物相場は下落。 ガソリンも下げた。午前に発表されたエネルギー省の在庫統計で、製 油所の稼働率上昇による予想以上のガソリン在庫増が示されたのが手 掛かりだった。

先週のガソリン在庫は387万バレル増加して2億890万バレル。 ブルームバーグ・ニュースがまとめたアナリスト予想では、100万バレ ルの増加が見込まれていた。製油所の稼働率は年初来の最高。一方、 燃料需要の減少幅は今年1月以降で最大となる5.5%を記録した。

GFIグループ傘下のスターサプライ・ペトロリアムのブローカ ー、ジャスティン・フォーツ氏は、「製油所は確実に稼働率を上げて いる。それがここ数週間にみられる在庫の積み上がりだ。燃料在庫が 増加すれば、原油相場に売り圧力がかかる」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物8月限は前日 比0.57ドル(0.82%)安の1バレル=68.67ドルで終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE