コンテンツにスキップする

S&P、新日鉄の見通しを「ネガティブ」に変更-格付けは据え置き

スタンダード&プアーズ(S&P) は24日、新日本製鉄の長期会社格付けの見通しを「安定的」から「ネガ ティブ」に変更したと発表した。長期会社格付けと長期優先債券格付け は「シングルAマイナス」に据え置いたとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE