コンテンツにスキップする

ハンガリー財務相:IMFと新規融資枠の検討は行っていない

ハンガリーのオシュコ財務相は 23日、来年3月に期限切れとなる国際通貨基金(IMF)などからの 緊急融資の対象国からの脱却を目指していると述べた。また、IMFと は新たな融資枠を協議していないことも明らかにした。

オシュコ財務相は同国議会で、IMFと欧州連合(EU)、世界銀 行がハンガリーに対して設けている計200億ユーロの融資枠のうち、 140億ユーロ(約1兆8700万円)を引き出していると説明し、政府は これまでに80億ユーロを利用しているとも付け加えた。

オシュコ財務相は、「IMFからの資金調達の継続を必要としない 環境の達成が目標だ」と語った。

同相によれば、IMF関係者はハンガリー政府に対し、要請があ れば融資協定の延長を協議する用意があると通告している。ハンガリ ーのバイナイ首相は先月、ブルームバーグに対し、新たな融資枠を要 請するかは市場の状況次第だと述べた。

IMFは23日、昨年11月に承認したハンガリー向けのスタンド バイ(包括的信用枠)融資162億ドルから、19億ドルの即時の追加引 き出しを認めた。これにより、同融資枠に基づくハンガリーの引き出 し額は合計117億ドルとなった。

-- With assistance from Timothy R. Homan in Washington. Editors: Balazs Penz, Jeremy Torobin

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net  Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Zoltan Simon in Budapest at +36-1-475-1181 or zsimon@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Chris Kirkham at +44-20-7673-2464 or ckirkham@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE