コンテンツにスキップする

午後の日本株は小高い場面も、資源や通信堅調-昼休み立会外299億円

午後の日本株相場は、小安かった日 経平均株価がプラス圏に浮上。東証1部業種別33指数では石油・石炭、 非鉄金属など資源関連株のほか、情報・通信株が堅調に推移している。 通信株では、この日開催された定時株主総会で、社長が負債返済計画の 節目となる2011年度と14年度の一段の増配意向を示したソフトバンクが 午後の取引で上げ幅を拡大。一方、昼休み中の東証立会外取引では 約299億円のバスケット取引が成立していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE