コンテンツにスキップする

日本株は小幅反発、市況高受け資源関連高い-FOMC待ちで売買減少

東京株式相場は小幅反発。ドルの代 替投資需要の高まりから前日の国際商品市況が反発したことを好感し、 大手商社や非鉄金属など資源関連株が上昇。増配期待からソフトバンク が急伸するなど情報・通信株も高く、昭和シェル石油や古河電気工業な ど環境をテーマに個別銘柄を買う動きも続いた。

日経平均株価の終値は前日比40円71銭(0.4%)高の9590円32銭、 TOPIXは0.77ポイント(0.1%)高の902.46。

ウイングアセットマネジメントの羽賀誠代表取締役は、「3月底値 からの反発で、市場参加者は『錯覚の高所恐怖症』に陥っている。通常 の経済状況では確かに行き過ぎだが、その前にどれだけ下がったかを考 えれば、高所恐怖症になる必要ない」と話していた。

日経平均は、4月28日から今月高値までの上げ幅の38.2%押し(フ ィボナッチ級数)に当たる9507円の節目を23、24日と維持し、下値の 底堅さを確認した。東証1部の騰落レシオも116%へと低下して相場の 過熱感はやや沈静化しつつある。米金融政策待ちで全般動きづらい中、 信用買い残の増加に象徴される個人の買い意欲はおう盛で、環境関連や 個別材料株などの上昇は目立った。

23日のニューヨーク原油先物8月限は前日比2.6%高の1バレル=

69.24ドルと反発。米連邦公開市場委員会(FOMC)が年内の利上げ 観測を払しょくするとの思惑からドルが対ユーロで1カ月ぶりの大幅安 となり、ドル安を受けて代替投資としての商品の魅力が高まった。これ を受けて卸売や鉱業、非鉄金属などに買いが入った。

朝方発表された5月の日本の貿易統計では輸出の回復ピッチの鈍化 が確認されたが、相場への目立った影響は見られなかった。午後にかけ て為替市場で円が弱含み、アジア株が堅調に推移したことから、電機な ど輸出関連株に高くなるものが増えた。ちばぎんアセットマネジメント の奥村義弘調査部長によると、「夏場にかけて極端に悪い景気指標は出 てこないだろう。景気回復シナリオはキープできる」という。

環境関連人気も

環境関連への投資意欲は引き続きおう盛で、きょうは古河電工がけ ん引する格好で住友電気工業やフジクラなど超伝導関連の側面も持つ電 線株に人気が波及した。サウジアラビアの国営石油会社と共同で太陽光 発電事業に参入する昭和シェル石油も急伸するなど、これら銘柄が属す る非鉄金属と石油・石炭製品は東証1部の業種別上昇率で1、2位を占 めた。

コスモ証券営業サポート部の清水三津雄副部長は、「今後確実に需 要増が見込める分野が見当たらない中、ビジネスが確実に拡大すると予 想される環境関連銘柄に投資資金が向かっている」と指摘。ジーエス・ ユアサ コーポレーションなど先駆した人気株が下落する半面、ほかの環 境関連株はにぎわうなど、「株価指数がもみ合う中でも環境関連の中で の循環は効いているため、ムードは悪くない」と話した。

3週ぶりの1兆5000億円割れ

東証1部の売買高は概算で21億1460万株、売買代金は同1兆4873 億円と前日から20%減少して3週間ぶりに1兆5000億円を割り込み、 様子見ムードの強さをうかがわせた。FOMCを控えて米金利動向など の行方を見極めたいとのムードがあり、「財政赤字に言及するトーンに なれば、株式相場にはネガティブな反応が予想される」(ちばぎんアセ ットの奥村氏)との警戒も出ている。

業種全体の方向性がまちまちとなる中で、小売株は下げた。24日付 の日本経済新聞朝刊によると、小売業の47%の企業が2009年度中に商 品の値下げを計画している。国内でのデフレ傾向や個人消費の先行き不 透明感から、イオンやJフロントリテイリング、ヤマダ電機などが下げ、 加盟店支援策による利益圧迫が懸念されたセブン&アイ・ホールディン グスは4日続落。

ソフバンク反発、航空機部材安い

東証1部の値上がり銘柄数は816、値下がり750。個別に材料が出て いる銘柄では、都内で開いた定時株主総会で、孫正義社長が負債返済計 画の節目となる11年度と14年度にさらなる増配を行う意向を示したソ フトバンクが8日ぶり反発。みずほ証券が新規に目標株価を2800円とし たメガチップス、モルガン・スタンレー証券が新規オーバーウエートに 格付けした日本精工も大幅高。

半面、米ボーイングが新型機「787 ドリームライナー」の初飛行を 再び延期すると発表したことで、大阪チタニウムテクノロジーズや東邦 チタニウム、東レといった航空機部材メーカーが下落。短期的にポジテ ィブな材料は期待しがたいとしてクレディ・スイス証券が格下げした新 生銀行は急落した。

新興市場はまちまち-JCOM大幅高

新興市場は高安まちまち。ジャスダック指数の終値は前日比0.01ポ イント高の46.99と3日ぶり反発。東証マザーズ指数は0.36ポイント (0.1%)安の428.08、大証ヘラクレス指数は8.59ポイント(1.4%)安 の627.50とそれぞれ続落。

個別の材料銘柄では、いちよし経済研究所が「良質なコンテンツを 集約・提供する企業として評価する」と新規に格付けしたジュピターテ レコムが大幅高。5月に発売した新製品を受注したと朝方発表したイン スペックは値幅制限いっぱいのストップ高。売買代金上位では楽天、ミ クシィが高い。

半面、5月度の連結売上高が前年同月比27%減となったセラーテム テクノロジーが急落。売買代金上位ではフェローテック、サイバーエー ジェント、ダヴィンチ・ホールディングスが下げた。

--取材協力:近藤雅岐 Editor:Shintaro Inkyo、Makiko Asai

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 長谷川 敏郎 Toshiro Hasegawa +81-3-3201-8361 thasegawa6@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net 香港 Darren Boey +852-2977-6646 dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE