コンテンツにスキップする

NY金:反発、ドル下落で代替投資需要が戻る-終値924.30ドル

ニューヨーク金先物相場は反発。 ドルの下落を背景に、代替投資先としての金への需要が戻った。

主要6通貨のバスケットに対するICEのドル指数は一時1.3%低 下。前日はここ1週間で最大の上げ幅だった。金は時間外取引で6週 間ぶり安値を付けていた。

カリヨン(ロンドン)の金属ストラテジスト、ロビン・バー氏は 電話インタビューで、「ドルの軟調トレンドと景気刺激策の影響で、 金は今年、過去最高値に向けて急伸する可能性がある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 相場8月限は前日比3.30ドル(0.4%)高の1オンス=924.30ドルで 取引を終了した。一時は0.8%下げ、5月12日以来の安値を付ける場 面も見られた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE