コンテンツにスキップする

ノワイエ仏中銀総裁:ECBは時が来たら過剰流動性吸収する準備を

欧州中央銀行(ECB)政策委員 会メンバー、ノワイエ仏中銀総裁は、ECBは景気が回復したときに 過剰流動性を吸収する準備が必要だとの考えを示した。

同総裁はサルコジ仏大統領への書簡で、「ユーロシステム内の金融 政策は、物価安定を脅かすことなく緩和されなければならない」と言 明した。書簡は23日に公表された。ノワイエ総裁は「われわれは必要 が生じればすぐに流動性を吸収できるよう準備を整えておかなければ ならない」と指摘した。

景気については「年末にかけてさらに安定する公算がある」との 見通しを示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE