コンテンツにスキップする

野村HD:情報漏えいの社員を解雇処分-会計士のインサイダー問題で

野村ホールディングス(HD)傘下 の野村証券社員から公開前の企業情報を入手した公認会計士がインサイ ダー取引(金融商品取引法違反)を行っていた問題で、野村は当該社員 を6月15日付で解雇処分していたことが分かった。野村広報の並川徹氏 によれば「社内規則に照らして処分した」としている。

会計士は野村社員から聞いた情報を基に2007年4月から11月の間 にアルゴ21など5銘柄の株式を買い付けていた。証券取引等監視委員 会は会計士の行為がインサイダー取引(金融商品取引法違反)にあたる として5月に課徴金勧告を出していた。これを受け金融庁は23日午後、 課徴金258万円の納付命令を決定した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE