コンテンツにスキップする

セブン-イレブン:食品廃棄原価15%負担へ、加盟店支援で

コンビニエンスストア国内最大手の セブン-イレブン・ジャパンは23日、加盟店が食品を廃棄する際の原価 の15%を会社側が負担する加盟店支援策を発表した。加盟店が十分な商 品を確保できずに顧客に影響が及ぶのを避ける。

この加盟店支援策は7月から実施する。加盟店が弁当といった食品 廃棄損失を恐れて発注を控え、顧客に失望感が広がることをセブン-イ レブンは危ぐしている。この支援策により年間で約100億円のコスト増 になるとしている。

公正取引委員会は22日、セブン-イレブンが加盟店による弁当など の値引き販売を不当に制限したとして、そうした行為をやめるよう独占 禁止法違反(優越的地位の乱用)で排除命令を出した。都内で23日会見 した井阪隆一社長は、値引き販売について「禁止ということを申し上げ るつもりはない」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE