コンテンツにスキップする

ルピア、ルピー、元先物を買い推奨、景気回復期待で-ゴールドマン

米ゴールドマン・サックス・グル ープによると、外国為替市場ではインドネシア・ルピアやインド・ル ピー、期間の長い中国人民元先物が上昇する公算が大きい。同社はこの 3カ国での支出拡大が国内景気を押し上げるとみている。

ゴールドマンのエコノミスト、マイケル・ブキャナン氏(香港在 勤)は23日付のリポートで、「国内需要の持続的成長を実現できる国 が、好パフォーマンスで最善の位置にいる」と指摘した上で、「輸出 主導型のアジア諸国にとって、アジア危機やドット・コム・バブル破 裂後のような急回復は一段と難しいだろう」との見方を示した。

インドネシア・ルピアは4-6月(第2四半期)に入って9.5% 高の1ドル=10555ルピア、インド・ルピーは同4.4%上昇の1ドル=

48.6075ルピーとなっている。また、中国の2年物の元先物(ノン・ デリバラブル・フォワード、NDF)は2.1%高の1ドル=6.6850元、 5年物は9.4%値上がりした6.5600元となっている。ゴールドマンは 期間1年を超える元先物の買いを勧めている。

ゴールドマンは、向こう6カ月間に対ドルでインドネシア・ルピア が9200ルピー、インド・ルピーが46ルピーまで上昇すると予想して いる。人民元については同期間に6.83元と、現在の水準からほぼ変わ らずとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE