コンテンツにスキップする

【個別銘柄】昭シェル、787、エンプラなどLED、東製鉄、ソフバ

更新日時

24日の日本株相場における材 料銘柄の値動きは以下の通り。

昭和シェル石油(5002):終値は前日比6.1%高の1043円。 2010年にサウジアラビアで小規模な太陽光発電所を建設する。国営 石油会社サウジアラムコと共同で太陽光発電事業に参入し、将来的に は合弁会社を設立し、ほかの新興国にも事業展開する計画。地球温暖 化対策で世界的に石油やガソリン需要の減少が見込まれる中で、環境 に配慮した太陽光発電を新たな収益源に育てる。

ボーイング関連:大阪チタニウムテクノロジーズ(5726)が

5.5%安の3430円、東邦チタニウム(5727)が3.4%安の1568円、 東レ(3402)が1.3%安の454円など。米ボーイングは23日、次 世代中型旅客機787(ドリームライナー)の初飛行を延期、航空会社 への納入時期も向こう数週間未定と発表、初飛行は30日を目標にし ていた。同機向けチタンや炭素繊維の納入遅れによる業績先行き懸念 が浮上した。

エンプラス(6961):13%高の1415円と高値引け。07年10 月19日以来の高値を更新した。将来の普及が期待されるLED(発 光ダイオード)の光を拡散できる特殊レンズモジュールの納入先が増 えており、収益寄与を期待した買いが入った。このほかLD関連では、 豊田合成(7282)、昭和電工(4004)、スタンレー電気(6923)な ども高い。

東京製鉄(5423):4.7%高の1183円。ゴールドマン・サック ス証券は23日、新規に投資判断「買い」で調査を始めた。利益成長 期待が高く、潤沢なキャッシュを保有する点も評価できるとしている。

ソフトバンク(9984):6.4%高の1814円。午後に急伸した。 同社の孫正義社長は24日、都内で開いた定時株主総会で、負債返済 計画の節目となる11年度と14年度にさらなる増配を行う意向を示 した。

資源株:住友金属鉱山(5713)が2%高の1353円となるなど 軒並み上昇。東証業種別33指数の値上がり率1、2位を非鉄金属と 石油・石炭製品が占めた。ドル安を背景に代替投資としての商品の魅 力が高まり、前日のニューヨーク原油先物相場が前日比2.6%高と反 発。金や銅先物相場といった商品相場も軒並み上昇したため、販売価 格の上昇など収益押し上げ期待が高まった。

伊藤忠テクノソリューションズ(4739)(CTC):3.8%安の 2655円。KBC証券は23日、投資判断を「ホールド」から「売 り」に引き下げた。担当の上出浩史アナリストは、「IT投資の低減 でハードウエアの更新が進まず、将来的なぜい弱性が増している。こ れが粗利益率を下げるリスク要因だ」と指摘。

日本精工(6471):8.4%高の479円。モルガン・スタンレー 証券は23日、投資判断を「オーバーウエート/アトラクティブ」、 目標株価を650円でカバレッジを開始した。担当の井原芳直アナリ ストは「生産底打ちによる業績回復確度の高さは株価に織り込まれて いない」と評価。

象印マホービン(7965):6.8%高の188円。オーブントース ターなど電気調理製品の販売が好調に推移するなか、今後は炊飯ジャ ーの新製品投入効果や経費削減も寄与するとして、09年11月期の 利益計画を上方修正した。利益水準と比較した株価水準の上昇を見込 んだ買いが入った。売買高は133万株と、02年3月の272万株以来 の高水準。

セブン&アイ・ホールディングス(3382):2.2%安の2230円。 フランチャイズチェーン(FC)加盟店に弁当などの値引き販売を不 当に制限したとして、独占禁止法違反で公正取引委員会から排除命令 を受けたセブン-イレブン・ジャパンは、加盟店が食品を廃棄する際 の廃棄ロス原価の15%を会社側が負担する加盟店支援策を発表した。

ラオックス(8202):36%高の99円、一時1年半ぶりに100 円大台を回復した。24日付の日本経済新聞朝刊は、同社が中国の家 電量販店最大手の蘇寧電器集団(南京市)の傘下に入ることで基本合 意したと報じた。ラオックスは24日朝、この報道について「当社が 公表したものではない」としながらも、「業務資本提携について計画 していることは事実」との声明を発表。

メガチップス(6875):8.4%高の2190円。一時2200円と07 年11月以来の高値を更新した。みずほ証券は23日、投資判断を新 規に「1(強い買い)」で調査を開始した。

イオンファンタジー(4343):3.6%高の803円。24日付の日 本経済新聞朝刊は、同社の09年3-5月期の単独営業利益は前年同 期比約50%増の4億6500万円前後になったもよう、と報道。遊戯 機械を体験型に切り替えて家族需要を取り込み、既存店売上高が期初 計画を上回ったとみられるとしている。

ニフコ(7988):7.6%高の1446円。いちよし経済研究所は 23日、投資判断を「割安」から「極めて投資妙味あり」に上げた。

fonfun(2323):27%高の237円。同社が提供する「リ モートメール」がNTTドコモの携帯電話端末に搭載され、24日か ら発売されると発表した。

オンコセラピー・サイエンス(4564):14%高の17万400円。 24日付の日経産業新聞は、同社が10年末にもすい臓がん向け治療 用ワクチン「OTS102」の承認を申請すると報じた。

パナソニック(6752):1.8%高の1290円。ドイツ証券は23 日、投資判断を「ホールド」から「買い」に、目標株価を1200円か ら1600円に引き上げた。各種の構造改革措置、固定費削減策が奏功、 今期下期からの収益回復が見込まれるなどの見方に基づく。

ネットワンシステムズ(7518):5.6%高の16万6900円。大 和総研は23日、投資判断を「3(中立)」から「2(アウトパフォ ーム)」に引き上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE