コンテンツにスキップする

PIMCOマカリー氏:FOMC声明、金利維持を強調する文言に

債券ファンド最大手、米パシフィ ック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)のファンドマ ネジャー、ポール・マカリー氏は22日、米連邦公開市場委員会(FO MC)が23-24日の会合後に発表する声明では、政策金利をしばらく 維持することを強調する方向に文言が修正されるとの見方を示した。

同氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで「金融当 局はフェデラルファンド(FF)金利を低位に抑制するという事前の 公約と、コアベースでの意図的なディスインフレへの見通しを関連づ けるのではないだろうか。そうすれば、政策変更についての恣意(し い)的な時間枠はなく、特定の経済予想が条件になるとの見解を強調 できる」と語った。

マカリー氏は米連邦準備制度理事会(FRB)のバランスシート が2倍以上に拡大し、2兆ドル余りに膨らんでいるものの、失業率が 5月に9.4%と1983年以来の最高に上昇したことを考慮すれば、イン フレが加速する可能性は低いとの見方を明らかにした。

さらに、「マネタリーベース自体がインフレと直接関係があるか のように、マネタリストがどこからともなく復活している。しかし、 それは違う。失業率が9%あるいは恐らく10%の水準から景気が過熱 気味になると主張するのは明らかに困難だ」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE