コンテンツにスキップする

欧州株:ダウ欧州600指数、2カ月ぶり大幅安-景気悪化懸念で売り

欧州株式市場ではダウ欧州 600指数が2カ月ぶりの大幅安となった。株式相場の不安定性を示す 指数が昨年11月以来で最大の上げとなったほか、世界銀行が今年の 世界経済が3月時点の予測よりもさらに悪化するとの見通しを示した ことがきっかけ。

石油株では、英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェルと、ノルウェーの スタトイルハイドロが大幅安となった。原油相場の大幅下落が売りを 誘った。仏自動車メーカーのルノーは7.9%安。米格付け会社スタン ダード・アンド・プアーズ(S&P)が前週末に同社の格付けを引き 下げたことが嫌気された。

一方、英鉱山会社アングロ・アメリカンは4.6%上昇した。同業 でスイスのエクストラータがアングロに対し「対等合併」を提案した ことが材料視された。

ダウ欧州600指数は前週末比2.8%安の202.48と、先月14 日以来の安値で引けた。ダウ・ユーロ50種株価指数は3.1%安、ダ ウ・欧州50種指数株価は2.5%下げた。

ダウ・ユーロ50種株価指数が下落した場合の保険として使われ るオプションの費用に連動するVstoxx指数は17%上昇の

36.05と、昨年11月6日以来の大幅上昇となり、先月14日以来の 高水準に達した。

世銀は22日発表した報告書で、今年の世界経済成長率予想をマ イナス2.9%とし、従来予測のマイナス1.7%から下方修正した。

ロイヤル・ロンドン・アセット・マネジメントのファンドマネ ジャー、ケビン・リリー氏は、「持続的な悪い材料の流れが投資家を より一層慎重にする傾向がある。投資家らは回復の大きな裏づけを確 認したいのだ」と語った。

原油、金属

シェルは4.7%安。スタトイルは7.8%下げ、仏石油会社トタル は3.3%下落した。ニューヨーク市場の原油先物7月限は一時、

4.3%安の1バレル=66.58ドルを付けた。

銅生産大手エクストラータは6.7%下げア。ドル上昇が商品需要 を抑制するなか、ロンドン市場の銅相場は3週間ぶり安値を付けた。

英独仏の株式指標

英国FT100指数は前週末比111.88ポイント(2.6%)安の

4234.05。FTオールシェア指数は55.42ポイント(2.5%)下落 の2156.49。

ドイツのDAX指数は146.06ポイント(3%)下げて

4693.40。HDAX指数は74.52ポイント(3.1%)低下の

2343.83。

フランスのCAC40指数は98.02ポイント(3%)低下の

3123.25で終了した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE