コンテンツにスキップする

モルガンSが年初来の米M&A助言で1位、ゴールドマン抜く-NYP

米紙ニューヨーク・ポスト(NY P、オンライン版)は22日、米国での年初来のM&A(企業の合併・ 買収)助言で米金融大手のモルガン・スタンレーが1位となっている と報じた。金融情報サービスのトムソンロイターの分析を基に伝えた。

同紙によると、モルガン・スタンレーは年初来1750億ドル(約 17兆円)相当の案件でアドバイザーを務めた。2005年から1位を維持 していたゴールドマン・サックス・グループは1580億ドルで2位。モ ルガン・スタンレーの首位浮上は1996年以来で、同社の昨年の順位は 5位だったと同紙は付け加えている。

同紙によるとまた、今年これまでのM&Aの規模は前年同期比 47%減と、01年以来で最大の落ち込み。このなかで、米シティグルー プは6位と昨年の2位から転落し、バンク・オブ・アメリカ(BOA) は4位(昨年3位)となっているという。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor: Fumihiko Kasahara 記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: James Kraus at +44-20-3216-4827 or jkraus2@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE