コンテンツにスキップする

黒田ADB総裁:年末にかけて世界的な景気下降から回復の兆候

アジア開発銀行(ADB)の黒田東 彦総裁は22日、シンガポールで、一部の国々の景気下降ペースは和らい でおり、年末にかけて世界的な景気低迷から回復する幾つかの兆候がみ られると述べた。同総裁は石油など商品価格の反発は景気状況が底を打 ちつつある兆しで、アジアの新興国の株式へのリスク志向が戻っている と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE