コンテンツにスキップする

6月の英住宅売却希望価格、5カ月ぶりに下落-ライトムーブ

英最大の不動産ウェブサイト、ラ イトムーブが22日発表した6月の英住宅価格統計によれば、売却希望 価格は前月比ベースで5カ月ぶりに下落した。銀行の融資抑制などが 響いた。

同ウェブサイトによれば、平均売却希望価格は前月比0.4%下落の 22万6436ポンド。5月は同2.4%上昇していた。一方、英民間調査機 関の経済ビジネスリサーチセンター(CEBR)は、ビジネスサービ ス業界で2013年までに30万人分余りの雇用が失われるとの見通しを 示した。

イングランド銀行(BOE)は英住宅市場に安定化の兆しが出て いるとの認識を示しているが、キングBOE総裁は先週、貸し渋りで リセッション(景気後退)からの回復の足取りが鈍ることへの警戒感 を示した。1996年以来で最悪になった2-4月の英失業率も、住宅価 格回復の妨げとなる恐れがある。

ライトムーブのコマーシャルディレクター、マイルズ・シップサ イド氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで「底辺でひ どく揺れ動いている状況だ」と述べた。

ライトムーブによれば、住宅価格は前年同月比では5.5%低下した。

住宅ローンの貸し手は、固定金利ローンのコストを引き上げたほ か、借り手に頭金の増額を求めている。

一方、CEBRの同日の発表では、英国内のコンサルティング、 弁護士事務所、会計士などのビジネスサービス業界では、2008-2013 年に31万1000人の雇用が失われる見通しだ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE