コンテンツにスキップする

財務相:政投銀による危機対応融資の実施を表明-日航支援(Update1)

与謝野馨財務・金融・経済財政担 当相は22日午前の閣議後会見で、経営再建中の日本航空への資金繰り 支援として、日本政策投資銀行による危機対応融資を実施することを 表明した。同融資は最高80%まで政府保証が付く。大企業向けの危機 対応融資に政府保証が付くのは今回が初めて。

与謝野財務相は航空業界について「昨年は燃料高騰で影響を受け、 昨年暮れからは世界同時不況で旅客数の減に直面し、日本航空の場合、 2割強の売り上げ減が出ている」と指摘、「固定費を考えると、当然な かなか経営が大変だ」と述べた。

その上で、「政投銀が融資を始めれば、一般の銀行もこれについて きてくれる」と期待を示した。ただし、「無条件の融資ではなく、経営 改善に全力を挙げなければいけないという認識の下で、政投銀の融資 が実行される」と強調した。

財務相はまた、閣議後の懇談会で金子一義国土交通相が、日本航 空の経営改善のために強力に指導・監督を行っていく旨の発言をした ことを明らかにした。さらに、今回の融資実施に伴い、政投銀の融資 シェアは一時的に高まるが、抜本的な経営改善計画策定時にはシェア を従来以下に引き下げるよう最大限の努力をしたいとの発言があった ことも紹介した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE