コンテンツにスキップする

S&P:日本の銀行業界のカントリーリスク評価グループ2に引き上げ

スタンダード&プアーズ(S&P) は19日、日本の銀行業界のカントリーリスク評価を「グループ3」から 「グループ2」へ引き上げたと発表した。マクロ経済の減速から生じる 循環的リスクは引き続き存在するが、構造的なリスク要因が過去数年改 善しているとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE