コンテンツにスキップする

来週のNY金先物:下落か、不動産など他の資産に投資移行へ-調査

来週のニューヨーク金先物相場 は下落しそうだ。不動産など他の資産への投資の移行が進むとの見方 が広がっている。

ブルームバーグ・ニュースがトレーダーや投資家、アナリストら 22人を対象に実施した調査によると、12人(55%)が金相場は下落 するとの見通しを示した。下落を予想する回答者の割合が2週連続で 最も高かった。上昇を予想したのは8人、中立姿勢を示したのは2人 だった。

ブルームバーグ・ニュースがエコノミストを対象に実施した調 査によると、全米不動産業者協会(NRA)が23日に発表する5月 の中古住宅販売件数は、2005年以来の2カ月連続の増加になると予 想されている。株価下落やリセッション(景気後退)の深刻化に対す る防御手段として金の投資需要が拡大したことから、金相場は2月に 11カ月ぶりの高値に達した。

キトコ・メタルズ(モントリオール)のアナリスト、ジョン・ナド ラー氏は電子メールで「投資家らは恐怖の洞窟(どうくつ)から抜け出 しつつある」との見方を示した。

過去266週の調査のうち金がアナリストの予想通りの値動きを 示したのは156週(59%)となっている。

調査結果: 上昇 8人 下落 12人 中立 2人

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE