コンテンツにスキップする

LIBOR設定、新たな金融機関の参加申請容認も-BBA

英国銀行協会(BBA)は、ロンド ン銀行間取引金利(LIBOR)算出のため毎日実施している調査につ いて、参加する金融機関の数を増やすことを容認する可能性がある。L IBORは全世界で360兆ドルを上回る規模の金融商品の指標となっ ている。

BBAの18日の発表によると、ロンドンにオフィス拠点を持たな い金融機関も、LIBOR設定プロセスにかかわるメンバーへの参加を 申請できる可能性がある。ただ、ロンドン市場の「重要な参加者」であ ることが条件となる。

BBAの広報担当者ブライアン・メアーズ氏は電子メールで、「今 回明確化された方針は、現在の参加者が金利を報告する方法に影響を与 えるものではない」と説明。「LIBOR設定に参加する資格について はこれまで明確にされていなかったが、ロンドン市場に参加する金融機 関は今後、LIBORを設定するパネルへの加入申請が認められる可能 性がある」と述べた。

BBAは1年前にLIBOR設定プロセスの見直しに着手した。一 部の金融機関が信用収縮で資金調達が難しくなっていると見られること を避けるため、金利を低めに報告した可能性があるとの観測が広がった ためだ。

米国のプライマリーディーラー(政府証券公認ディーラー)、キャ ンター・フィッツジェラルドの固定金利担当チーフストラテジスト、ジ ョージ・ゴンキャルベス氏は「今回の見直しは長期的にみると、LIB ORの厚みと信頼性の向上につながるだろう」と指摘。「LIBORを 信頼する人が増えるだろう。短期的には設定プロセスに不透明感が生じ、 それがボラティリティ(変動性)の拡大をもたらし、LIBORが上昇 する可能性がある」と分析した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE