コンテンツにスキップする

米国債:続落、統計で景気回復期待-入札規模拡大も嫌気

米国債相場は続落。朝方発表さ れた経済統計でリセッション(景気後退)が終わりを迎えつつある との見方が広がったほか、来週実施される米国債入札の規模が過去 最大の1040億ドルに拡大することが嫌気された。

10年債利回りはほぼ1週間ぶりの高水準を記録した。市場参加 者は、米政権による過去最大規模の借り入れが国債需要を圧倒的に 上回ると懸念している。

朝方に米フィラデルフィア連銀が発表した6月の同地区製造業 景況指数は、景気拡大と縮小の境目を示すゼロは下回ったものの、 過去9カ月間ではマイナス幅が最も小さかった。また米民間調査機 関コンファレンス・ボードが発表した5月の米景気先行指標総合指 数(LEI)は前月比で予想以上に上昇した。

2年債と10年債の利回り格差は2.57ポイントと、過去約1週間 での最大をつけた。

ドイチェ・バンク・セキュリティーズ(ニューヨーク)のエコ ノミスト、カール・リカドンナ氏は「財務省がこの先数年間は抱え 込む借り入れ規模に関心が集まっている」と述べ、「景気が転換期 にあることを示唆する根拠がある。それが利回りを押し上げてい る」と続けた。

BGキャンター・マーケット・データによると、10年債利回り は午後4時20分現在、前日比12ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇して3.81%。10年債(表面利率3.125%、2019年5 月償還)価格は31/32下げて94 11/32。

入札

財務省は23日に2年債400億ドル、24日に5年債370億ドル、 25日には7年債270億ドルの入札を実施する。今回の入札規模は 前回、同年限物の国債を入札したときよりも30億ドル多い。

国債利回りの上昇は、住宅ローン担保証券(MBS)の利回り も押し上げている。これにより投資家は金利上昇に対するヘッジ策 として国債に売りを出している。

米資産運用会社ルーミス・セイレスの債券ファンドマネジャー、 ダニエル・ファス氏は、利回り上昇にもかかわらず米国債には投資 しない考えだ。10年物米国債の利回りは今年に入り64%以上、上 昇(価格は下落)している。ファス氏は債券ファンドで過去10年 に米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMC O)のビル・グロス氏と並ぶ成績を上げている。

500億ドル相当を債券で運用するファス氏は、政府支出増と景気 回復が相まって、10年債利回りは向こう4、5年のうちに6.25% まで上昇する可能性があるとみている。

ブルームバーグがまとめたデータによると、米住宅金融ファニ ーメイ(米連邦住宅抵当金庫)の30年固定金利住宅ローン証券利 回りは、ニューヨーク時間午後3時5分現在、0.21ポイント上げ て4.87%。

ボラティリティ上昇

米国債相場のボラティリティ(予想変動率)の指標であるメリ ルリンチのMOVE指数は、3日連続上昇して187.3をつけた。同 指数は今月1日には年初来最高の190.30を記録している。年初 来の最低は4月15日の105.60だった。

メリルリンチのデータによると、米国債の投資リターンは今年 3月から3.8%のマイナス。

米議会予算局(CBO)は09年度(9月末まで)の財政赤字は 過去最大の1兆8500億ドルに拡大すると予想している。

またゴールドマン・サックス・グループの試算によると、09年 度の連邦政府の借り入れ所要額は3兆2500億ドル。これは08年度 の8920億ドルの約4倍に相当する。

-- With assistance from Shobhana Chandra and Courtney Schlisserman in Washington. Editors: James Holloway, Dave Liedtka

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net

Editor:Akiko Nishimae、Tsuneo Yamahiro 記事に関する記者への問い合わせ先: Dakin Campbell in New York at +1-212-617-6311 or dcampbell27@bloomberg.net Susanne Walker in New York at +1-212-617-1719 or swalker33@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: David Liedtka at +1-212-617-8988 or dliedtka@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE