コンテンツにスキップする

エルピーダ:公的資金活用報道に「コメントできない」

エルピーダメモリは18日、公的 資金で一般企業を資本支援する産業活力再生特別措置法(産業再生 法)の適用を申請する見込みと報じられたことに対して「コメントで きない」と述べた。広報担当の樋口久美子氏が、ブルームバーグ・ニ ュースの電話取材に応じた。

再生法を所管している経済産業省産業再生課の遠藤幹夫課長補佐 は「計画の認定時には計画の内容を含めて公表することになっている が、それ以前は申請が来ているかどうかを含めてコメントを出せない ルールとなっている」と説明した。同社の坂本幸雄社長は、5月の前 期決算会見で、産業再生法の活用を「検討している」と明言している。

共同通信は18日夜、エルピーダメモリが産業再生法の適用を19 日に申請する見通しとなったと報じた。産業再生法の適用が認められ れば、認定第1号となる見込みで、日本政策投資銀行が200-400億 円を出資する、としている。

--取材協力:中島三佳子 Editor:Tetsuki Murotani

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 谷口 崇子 Takako Taniguchi +81-3-3201-3048  ttaniguchi4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 記事についてのエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Peter Langan +81-3-3201-7241 plangan@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE