コンテンツにスキップする

ドイツ外相:ECBはシステミックリスク監視委の統括を-EU案支持

ドイツのシュタインマイヤー外相 18日、欧州中央銀行(ECB)にシステミックリスクを監視する委員 会を統括させるという欧州連合(EU)の提案への支持を表明した。

同相はベルリンでの議会演説で、ECBが「金融市場のシステミ ックリスク発生に特に焦点を絞った」委員会を率いるべきだと述べた。 EUは同日のブリュッセルでの首脳会議で、この提案を協議する。

シュタインマイヤー外相は、初となるEU全体の監視委員会の責 任者にECBのトリシェ総裁を据えることで、加盟国各国ごとの既存 の監督機関の強化につながるとの見方を示した。

同相は「われわれは、EU全体の監視機能の統一に携わる考えだ。 もちろんこれは各国の監督機関の延長となるものだ。われわれは各国 の機関の効率性をさらに向上させる必要がある」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE