コンテンツにスキップする

香港「トリプルA」、日本でヘッジファンドに助言業務開始

ヘッジファンド向けにコンサルティ ング業務を手掛ける香港のトリプルAパートナーズは、6月から日本で の業務を開始した。すでに都内に事務所を設置しており、海外のファン ドに対して日本の投資家動向の情報などを提供していく計画だ。今後は 国内証券との連携も図る。

日本代表のフランク・パッカード氏(51)は17日、ブルームバーグ ・ニュースとのインタビューで、同社の事業戦略について「経済成長と いう意味ではインドや中国が重要だが、投資家の資金量では日本がアジ アの半分以上を占めている」と指摘。海外のヘッジファンドにとって、 日本の機関投資家の意見を吸い上げることは不可欠と分析している。

パッカード氏はまた、今後のビジネス拡大に向けて「国内証券数社 と連携について話し合いをしている」ことを明らかにした。具体的な検 討内容についてはコメントを控えたが、日本の証券会社と協力して、ヘ ッジファンドの設立や運営に必要なサービスを提供していくことなどを 想定しているという。

トリプルAはヘッジファンドに立ち上げ資金の提供も行っている。 昨年11月には、香港のヘッジファンド、エンハンスド・インベストメン ト・プロダクツ(EIP)の新ファンドに2000万ドル(約19億円)を 出資した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE