コンテンツにスキップする

バフェット氏率いる米バークシャーのオプション、CBOEに上場へ

資産家ウォーレン・バフェット氏 率いる米保険・投資会社バークシャー・ハサウェイの株式オプション が、シカゴ・オプション取引所(CBOE)に上場する。バフェット 氏はあらかじめ決めた価格で売買する権利であるオプションの取引に 懐疑的だが、投資家はバークシャー株売買に利用できるようになる。

出来高ベースで世界最大のオプション市場、CBOEの発表資料 によれば、バークシャーのクラスB株のオプション取引開始日は18 日。マーケットメーカー(値付け業者)はバークレイズ・キャピタル だ。

上場オプションの決済会社オプションズ・クリアリングによれば、 米国のオプション売買高は昨年25%増加し、約36億枚となった。投 資家がリスクヘッジなどの目的で株式デリバティブ(金融派生商品) の利用を増やしたためだ。バークシャー自体は今回のオプション上場 決定に関与しておらず、取引開始による利益は受けない。

バフェット氏は2008年のバークシャー年次総会で「通常、株の 売買をしようと思うなら、株式自体を買うか売ればよい」と述べ、「オ プション利用は5回中4回うまくいっても、最後の1回は失敗する。 私自身は事実上、ポジションを建てたり解消する手段としてオプショ ンを使ったことがない」と話していた。

同氏のアシスタントを務めるキャリー・カイザー氏を通じてバフ ェット氏のコメントを求めたが、17日中の返答はなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE