コンテンツにスキップする

米フェデックス:株価下落、6-8月期見通しに失望

17日の米市場で小荷物輸送大 手、米フェデックスの株価が下落。同社がこの日に示した今四半期利 益見通しがアナリスト予想を下回ったことを嫌気した。同社は「極度 に厳しい」経済環境が弱気見通しの理由と説明した。

フェデックスは6-8月(第1四半期)の1株当たり利益が30 -45セントになるとの見通しを示した。ブルームバーグがまとめた アナリスト11人の予想平均は70セント。同社は通期見通しは発表 しなかった。

フレッド・スミス最高経営責任者(CEO)はアナリストとの電 話会議で、「創業以来で最も厳しい経済環境下にある」との認識を示 した。ただ、「リセッション(景気後退)の最悪期は終わった公算が 大きい」とも述べた。

株価はニューヨーク時間午前9時34分(日本時間午後10時34 分)現在、前日比84セント(1.6%)安の50.58ドルで推移してい る。

3-5月(第4四半期)決算は、買収先の評価額引き下げの影響 を除いたベースで1株利益が64セントだった。アナリスト予想は 51セント(13人の平均)。

企業が支出を抑制するなか、フェデックスの米国での航空貨物量 は14四半期連続で減少した。米国の即配便の荷物量は2%減、国際 便は12%減だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE