コンテンツにスキップする

米FRB:CMBS購入目的の融資申請ゼロ-市場活性化は困難か

ニューヨーク連銀は16日、商業用 不動産ローン担保証券(CMBS)の購入に向けて米連邦準備制度理 事会(FRB)のターム物資産担保証券ローン制度(TALF)の利 用を申請した投資家が皆無だったことを明らかにした。TALFは買 い入れコスト軽減と景気回復に向けて導入された緊急措置。

16日は、今年発行されたCMBSの購入を目的にTALF融資を 申請する初の月ベースでの締め切り日だった。同制度の対象となるC MBSを公式に発表した発行体も皆無。実際、ニューヨーク連銀のダ ドリー総裁は今月4日の講演で、証券化プロセスが「整うには時間が かなりかかる」と述べ、期待感を抑えていた。

ダドリー総裁は一方で、TALFの成否は商業用不動産市場以外 にも影響すると警告。CMBS市場での問題が悪化すれば、不動産価 格の落ち込みが加速し、デフォルト(債務不履行)が増加、金融機関 の財務を弱くするリスクがあると指摘していた。

FRBはこれまで、自動車ローンやクレジットカード債権を裏付 け資産とする証券などの購入に向けた252億ドルのTALF融資は実 施済み。

三菱東京UFJ銀行のチーフ金融エコノミスト、クリス・ラプキ ー氏はFRBがTALFを通じて市場活性化を目指す資産のうち、「商 業用不動産への対応が最も困難だ。非常に長期の資金手当が必要とな るためだ」と語った。

FRBは7月後半から、昨年以前に発行されたCMBS購入を目 的とした投資家からのTALF融資申請も受け付ける。

*T

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE