コンテンツにスキップする

オバマ米大統領:消費者金融保護庁創設を提案へ-罰則権限も

オバマ米大統領は、金融商品を購 入する消費者を保護する機関の創設を提案する。同機関には、規則に反 した企業を罰する権限が付与され、米連邦準備制度理事会(FRB)の 権限の一部を引き継ぐ。

ブルームバーグ・ニュースが入手した資料によれば、金融規制改革 の一環として17日に発表される新設の消費者金融保護庁には「不公正 な条件と慣行」を禁止する権限が与えられる。同権限は現在、FRBが 持つ。

オバマ大統領は16日、ブルームバーグテレビジョンとのインタビ ューで、「われわれは、それがサブプライムローン(信用力の低い個人 向け住宅融資)であれ、住宅ローンであれ、クレジットカードであれ、 消費者の保護に専心し、責任を担う者をわれわれが確実に持てるように する必要がある」と語った。

FRBのミシェル・スミス報道官は消費者金融保護庁の創設案につ いてコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE