コンテンツにスキップする

米スター:レイノルズに敗訴、ニコチン低減法の特許訴訟-株価急落

たばこに含まれるニコチン低減法 の特許を侵害したとして、たばこに関する疾病治療技術開発会社の米 スター・サイエンティフィックが米たばこ2位のレイノルズ・アメリ カンを訴えていた裁判で、メリーランド州の米連邦地裁の陪審はスタ ーの特許を無効とし、レイノルズ勝訴の評決を下した。これを受けて、 スターの株価は16日の時間外取引で70%余り下落した。

陪審は、肺がんの原因となるたばこ特有のニトロソアミンを低減 する処理方法をめぐり、レイノルズに数億ドルの賠償金を請求してい たスターの訴えを退けた。

レイノルズ側がスターの特許無効を申し立てる一方で、スターの 代理人は陪審に対し、レイノルズはニトロソアニンを減らす方法を発 見したものの、スターほどの低減効果がなく、競争を「和らげる」た めの取り組みの一環として、スターの技術借用を余儀なくされたと主 張していた。

評決を受け、スターの株価は通常取引終了後の時間外取引で一時

1.23ドルまで下げた。通常取引の終値は前日比15セント安の4.21ド ルだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE