コンテンツにスキップする

トゥンペルグゲレルECB理事:出口戦略は慎重に-オーストリア紙

欧州中央銀行(ECB)のトゥ ンペルグゲレル理事は、ECBが非伝統的政策からの脱出に際しては 慎重に行動することになるとの認識を示した。オーストリア紙ウィー ナー・ツァイトゥングがインタビューを基に報じた。

同紙によると、トゥンペルグゲレル理事は「すべての措置は巻き 戻しが可能だ」と指摘。「適切な時期がきたら、ECBは必ず極めて 慎重に行動する」と語った。脱出の時期に関する質問に対しては、 「明言するのは時期尚早だ」としている。

ECBは現在、金融システム内の資金の流れを促進するため、市 中銀行に対し無制限に資金を供給している。トゥンペルグゲレル理事 は同紙に対し、ECBが市場に提供してきている追加の流動性は将来 のインフレ加速要因にはならないとの見解を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE