コンテンツにスキップする

5月の英インフレ率:2.2%に低下-下げ幅は市場予想以下(Update1)

英政府統計局(ONS)が16日発 表した5月の英消費者物価指数(HICP)は、前年同月比2.2%上 昇となった。増税とポンド安が物価上昇圧力維持につながったことか ら、インフレ率の下げ幅は市場予想よりも小幅だった。4月のインフ レ率は2.3%だった。

ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト30人を対象に実施した 調査の中央値では、5月の指数は前年同月比2%上昇と予想されてい た。前月比では0.6%上昇した。

イングランド銀行(英中央銀行)の金融政策委員会(MPC)メ ンバー、ポール・フィッシャー氏は先週、ポンド下落の影響でインフ レが根強いと指摘していた。

フォルティスの欧州担当チーフエコノミスト、ニック・コーニス 氏(アムステルダム在勤)は、「インフレ率は予想されたよりもかなり ゆっくりとしたペースで低下している。経済がリセッション(景気後 退)からより速やかに脱する兆候が見られるものの、イングランド銀 は引き続き慎重となるだろう」と語った。

一方、同時に発表された5月の英小売物価指数は前年同月比

1.1%低下した。4月は1.2%低下と過去最大の落ち込みを記録してい た。

統計発表後のポンドの対ドル相場は上昇し、一時は前日比0.7% 高となった。ロンドン時間午前9時46分(日本時間午後5時46分) は1ポンド=1.6420ドルで推移。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE