コンテンツにスキップする

政府:北朝鮮への輸出全面禁止決定-独自の「強い」措置

日本政府は16日午後の持ち回り閣 議で、北朝鮮が5月25日に2回目の核実験を実施したことを受け、北 への輸出を全面禁止する独自の追加経済制裁措置を決めた。河村建 夫官房長官が同日午後の定例会見で発表した。

河村氏は、追加制裁について「日本の独自の強いメッセージに 対し、いかにきちんと対応するかだ」と述べ、北朝鮮に自制を促 した。

同氏はまた、北朝鮮に実施してきた送金規制などの貿易・金融制 裁に違反して刑が確定している外国人船員の日本への上陸や、そうし た在留外国人の北朝鮮渡航後の再入国を原則として許可しない方針 も明らかにした。

日本政府は2006年10月に北朝鮮が1回目の核実験実施を発表 したことを受け、輸入の全面禁止や、乗用車などぜいたく品の輸出を 禁止する制裁措置を相次いで発動。この結果、財務省の調べては日 朝間の貿易額は2005年の約214億円から、08年には約7億9300 万円に激減している。

今回の追加制裁のうち、輸出の全面禁止は18日に施行、すでに 実施中の輸入の全面禁止などの期限である10年4月13日が期限と なる。入国制限は特に期限を設定していない。

-- Editor: Hitoshi Sugimoto, Hideki Asai

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 広川高史 Takashi Hirokawa +81-3-3201-8641 thirokawa@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 東京 Bill Austin +81-3-3201-8952 billaustin@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE