コンテンツにスキップする

BHP:鉄鉱石現物市場の発展がリオとの合弁に追い風に-モルガンS

オーストラリアのBHPビリト ンは、英豪系リオ・ティントとの鉄鉱石合弁事業の設立案について、 アジアでの鉄鉱石の現物市場の発展が欧州規制当局からの承認獲得に つながる可能性があるとみている。

米モルガン・スタンレーが、クレイグ・キャンベル氏率いるアナ リストらのリポートで指摘したもので、BHPは今回の合弁事業が、 昨年リオへの敵対的買収案を断念した際に欧州連合(EU)の懸案事 項となった点に対処するものと考えている。リポートは、シドニーで 16日開かれたアナリストとの会合後のBHPのマリウス・クロッパー ス最高経営責任者(CEO)の話を引用。リポートによると、懸案事 項には、鉄鉱石の契約価格について交渉している企業数が減少してい ることなどが含まれていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE